• TOP
  • >
  • 第三空とぶくじら社 スマイル

事業 生活介護支援事業
作業を中心とした生活介護支援
所在地 〒241-0014
横浜市旭区市沢町549-4
連絡先 TEL:045(744)7661
FAX:045(744)7662
アクセス @相鉄線二俣川駅南口から
 「左近山第6」「東戸塚駅北口」行バス
左近山第6バス停下車徒歩5分

AJR東戸塚駅西口から
 「二俣川駅南口」行バス
環二市沢上町バス停下車徒歩1分

定  員 24名
沿  革 2001年10月
横浜市旭区本村町にて通所授産施設空とぶくじら社の分場としてスタート。
2008年 4月
障害者自立支援法のもと生活介護支援事業へ移行。第2分場ヴェスタ(就労継続B事業)とあわせて多機能型事業所「第三空とぶくじら社」となる。
2012年 3月
横浜市旭区市沢町にパン工房ヴェスタと統合移転。
  第三空とぶくじら社 スマイル

スマイルでは、ダンボール折り・組立作業や自動車の精密部品組立、バッテリー部品の組立、二俣川駅周辺の環境推進清掃事業委託など現在12作業種50工程ほどの生産活動をおこなっております。
ご利用者さま一人一人にあった作業と社会的に有用な仕事の提供を通して生産活動を支援させていただいております。

ニュースニュース
1日の流れ
 9:30 朝の会・体操
 9:40 作業開始
10:40 休憩
10:50 作業開始
12:00 昼食・昼休み
13:00 作業開始
14:00 休憩
15:00 作業終了
15:10 終わりの会
15:30 帰宅時間

ニュース ニュース

土曜日開所
毎月1回土曜日に丸1日を使って生産活動以外の支援を行います。
ドライブ、社会見学、料理教室、自然観察、カラオケ、ハイキング等。
1泊旅行
年1回。昨年は伊豆下田でした。
花見
毎年、桜の名所「大池公園」にいっています。
忘年会
手作りレクチャー
仕事が空いた時に、射的遊びや輪投げ、ゴルフ大会、七夕、バスケット大会など
みんなで少しづつ準備して、楽しんでいます。

ニュース ニュース

竹の子料理に舌鼓

毎月1回土曜日にスマイルでは生産活動以外の支援を1日通してやります。
4月は、19日に竹の子を使った料理教室を行いました。
竹の子は朝掘りの竹の子9本使い、炊き込みご飯、土佐煮、天ぷら、若竹汁をつくりました。
皮むき、刻み、味付け、盛り付けと大賑わいのなか、楽しく料理を作ることができました。
料理作りのなかで、一番の人気は、天ぷらを揚げる作業でした。他の料理が完成した後、いよいよメインイベントの天ぷらです。軽く溶いた小麦粉にスライスした竹の子をつけ、ほどよく熱した油の中に入れると耳ざわりのよい油のはじける音。みんなの視線はおのずと天ぷらをあげる人の手に集中します。「次は俺がやる」「ハーイ、その次は私」
自分が作った料理をお腹いっぱい食べ、午後は、カラオケ大会。
お腹も心も春を満喫した土曜の1日となりました。

ニュース

竹の子の皮を天ぷらの器にして、山椒の葉をそえると料亭の料理のようです。土佐煮にはぜんまいを加えたことで、春らしさが増しました。

 

くじら通信

Copyright (C) 2007 SORATOBUKUJIRASHA. All Rights Reserved.