• TOP
  • >
  • 個人情報保護方針

理念

その人の障害の重さや、種別を問わずに受け入れる空とぶくじら社では、みなの協力し合うことをモットーとし仕事や活動には、お互いに助け合って全員参加するという姿勢を貫いてきました。 通えない人には送迎を!  障害の重い人には工夫と協力で作業を! この間の取り組みは、障害をもっていても、一人一人はすばらしい個性と力を持っていて、かけがえのない存在であることを証明してきました。

・ 人生の主人公として夢と希望をもって豊かに生きる。
・ 地域生活を広げる。
・ 一人ひとりの思いを大切に。
・ 誰もがかけがえのない存在として生きる地域・社会の実現に向けた協同。

空とぶくじら社は、障害を持つ利用者が、自らの人生の主人公として生きる力を豊かに獲得することを支援する場です。
これまで、空とぶくじら社は、障害の程度・種別を越えて、利用者一人一人がプライドを持ち取り組める仕事の保障、地域生活支援に取り組み、多くの成果を作り出してきました。 
今後、空とぶくじら社は、利用者一人一人の人権を尊重して、利用者の自立と自己実現をめざし、利用者を主人公とした福祉サービスを提供することを決意し、ここに倫理綱領を定めます。

1 人権尊重
わたしたちは、利用者に対する人権侵害を決して許さず、利用者の利益を最優先します。
2 利用者を主人公としたサービスの提供
わたしたちは、一人一人の利用者の自己実現をめざし、利用者のニーズに基づく利用者を主人公としたサービスを提供します。
3 信頼性の確保
わたしたちは、サービスの質を点検し、自己評価をすすめるとともに、第三者評価や苦情解決等の仕組みを積極的に活用して、サービスの質の向上に努め、常に信頼を受ける存在となることをめざします。
4 職員の資質・専門性の向上
わたしたちは、社会福祉および経済活動の専門性を高めるため、たゆまぬ自己研鑽に努めます。
5 施設経営の透明性の堅持
私たちは、計画性をもって健全で活力ある施設経営に励むとともに、情報公開に努め、施設経営の透明性を 堅持します。
6 地域福祉の推進
わたしたちは、施設の専門性を生かしながら地域社会の一員として、積極的に地域福祉を推進します。

 

個人情報保護方針

社会福祉法人同愛会 空とぶくじら社(以下、弊社と称します)は、ご利用者の方を始め弊社に個人情報を提供されるすべての方(以下、ご本人と総称します)の個人情報を適切に保護することが、個人情報取扱事業者としての重要な社会的責務であると認識しております。弊社は、個人情報保護に関する法令およびその他の規範を遵守し、
自主的なルールおよび体制を確立し、以下の個人情報保護方針を定めて個人情報の保護の徹底に努めます。

1. 弊社は、この宣言を実行するために、個人情報保護に関する社内規程を定め、弊社の役員及びすべ
ての職員、その他関係者に周知徹底させて実行し、改善・維持してまいります。
2. 弊社は、個人情報のセキュリティ確保のため、管理責任者を置き、個人情報の紛失、破壊、改ざん及
びおよび漏洩、不正アクセス等を防止するため、必要かつ適切な安全措置を講じます。
3. 弊社は、個人情報の入手にあたり、適法かつ公正な手段によって行い、不正な方法による入手は致し
ません。
弊社は、ご本人から個人情報をご提供いただく場合には、その個人情報を利用する目的について、通
知するかインターネットホームページに必要事項を明示いたします。
4. 弊社は、通知または明示した利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取扱いません。
ただし、ご本人の同意がある場合、統計資料等ご本人を識別できない状態で利用する場合、又は関係 する法令等により利用が認められている場合を除きます。
5. 弊社は、ご本人がご自身の個人情報の照会、変更、修正等を希望される場合には、ご本人からの要
請であることを確認させて頂いたうえで、弊社所定の手続きに基づいてすみやかに対応致します。
6. 弊社は、ご本人の同意を得た場合または法令に基づく場合等を除き、個人情報を第三者に提供致し
ません。
業務を委託するために個人情報を委託先に提供する場合、当該委託先との間において必要な契約等 を締結し、個人情報の安全管理のための必要な措置を講じます。

 

 

くじら通信

Copyright (C) 2007 SORATOBUKUJIRASHA. All Rights Reserved.